ぜんぶ君のせいだ。

「修羅しゅしゅしゅ」