LOVE SUPREME presents DREAMS COME TRUE featuring 上原ひろみ, Chris Coleman, 古川昌義, 馬場智章 WONK

至上の愛と至福の音楽体験を―。
新世代ジャズフェスティバル「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」
2組による、東京・神戸公演も決定


「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」は2013年にスタートし、毎年7月にイギリスのイースト・サセックスで開催されているヨーロッパ最大規模の野外ジャズフェスティバル。伝統的なジャズフェスティバルとイギリスのキャンプ文化が融合した空間のなかで、ジャズ、ソウル、ファンクを横断する洗練された音楽を楽しむことができ、“The Guardian”紙をはじめとしたイギリスの主要メディアから五つ星を付けられる等、上質な音楽を体感できるフェスであると高い評価を得ている。 そんな「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」が2022年5月、満を持して日本に初上陸する。まずはオムニバスフェスとして、5/14(土)5/15(日)の2日間、埼玉・秩父ミューズパークにて開催が決定。それに引き続き今回発表されたのは、DREAMS COME TRUE featuring 上原ひろみ, Chris Coleman, 古川昌義, 馬場智章とWONKの2組による東京・神戸のみの貴重な2公演。 DREAMS COME TRUEと上原ひろみの13年ぶりの共演や、吉田美和ソロアルバム『beauty and harmony』『beauty and harmony 2』を中心とした選曲、更にはこの公演のために集まったChris Coleman(クリス・コールマン)・古川昌義・馬場智章など錚々たるメンバーも話題になり、5/14の指定席チケットはすでにソールドアウト。追加発表された本公演も、大変貴重な公演になることは間違いない。 エクスペリメンタル・ソウルバンドWONKも出演決定。2022年3月、新曲「Pieces」をリリース、そして「LOVE SUPREME」出演タイミングでのニューアルバム『artless』のリリースも発表された。秩父・東京・神戸公演では新しい選曲でのお披露目となる。2022年、新世代ジャズフェスティバル「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」日本上陸、「至上の愛と至福の音楽体験を―」。